生前準備

エテルノではじめる生前準備

~いざというとき慌てないために~

覚悟はしていても、実際にお葬式の時になると、慌ててしまったり、混乱したりしてしまうものです。
後悔しないお葬式を行うためには、「事前に何を準備すればよいのか?」「どのようなことに注意すればいいのか?」を知っておくことが大切です。
事前に準備をすることで、お葬式の流れや必要な費用、押さえておくべきポイントなどが把握できるため、いざという時に慌てず、落ち着いて臨むことができます。

事前に準備するメリット

  • 1

    お葬式に関する希望を
    伝えることができる

    参列して頂きたい範囲や遺影に使うお写真など、お葬式の規模や内容を事前に家族間で共有することで、いざというときにも慌てずに、納得のお葬式を行うことができます。

  • 2

    費用の目安を
    知ることができる

    お葬式は何度も経験することではありませんし、規模や葬儀社によって必要な費用も異なります。
    事前に葬儀社を調べ、お見積りを取っておくことで、希望している式を行うために必要な費用をある程度把握することができます。

  • 3

    会館の雰囲気やスタッフの
    対応を確認できる

    事前に葬儀社を訪れて相談することで、サービスの品質を感じ、お葬式という大切なお別れの場を任せることができる会社かを落ち着いて判断することができます。

ポイントを押さえた生前準備を

人生の終わりに向けた活動を意味する「終活」という言葉が浸透していくに伴って、お葬式についても前向きに考え、生前準備をされる方が増えています。そこで、お葬式の生前準備のポイントをご紹介します。

  • ポイント❶ 宗教

    宗教
    どの宗教で葬儀を行うか
    仏式、神式、キリスト式など、どのような宗教で葬儀を行うのか。また、浄土宗、真言宗といった宗旨宗派や、宗教者の連絡先も確認しておきましょう。最近では、特定の宗教にとらわれない〝無宗教〟のお葬式を希望する方も増えてきました。
    宗教者とのお付き合いがない方へは、エテルノより宗教宗派にあった宗教者をご紹介することができます。
  • ポイント❷ 連絡先

    連絡先
    親戚付き合いや交際範囲を考慮し、お葬式の規模を想定する

    お葬式に参列してもらいたい人を決めたら、連絡先リストを作成します。その中でも、以下のように分類しておくと、使いやすくて便利です。

    • 亡くなってすぐに連絡する方
    • お葬式の場所・日時の決定後に連絡する方
    • お葬式が終わってから後日連絡する方
  • ポイント❸ 会場・葬儀社

    会場・葬儀社
    希望に合うものを検討
    事前に見学・相談に行き、会場の広さや設備、費用など、希望に合うものかどうかを検討しておきましょう。費用は、要望を聞きながら詳細な見積りを作成してくれるかどうかが重要なポイントです。
    参列者の利便性を考慮し、駐車台数や交通アクセスも確認しましょう。
  • ポイント❹ 準備物

    準備物
    遺影写真やお棺に納めたいものなどを準備
    遺影写真は、葬儀後も自宅に飾る大切なものです。お気に入りのスナップ写真などをご準備ください。顔写りが大きく(最低2㎝くらい)、ピントが合っているものを選びましょう。
    また、お気に入りの洋服やお菓子などの好物があれば、お棺に納めることもできますので、用意します。他にも、趣味の品や想い出のお写真があれば、式場に展示することも可能です。
  • ポイント❺ 費用

    費用
    お葬式にかかる費用を把握する
    希望するお葬式を行うには、どのくらいの費用が必要なのか、事前に把握することで、いざという時にも慌てずに対応できます。
    参列者数や予算などを伝え、事前に見積りを取ってもらいましょう。要望を聞きながら詳細な見積りを作成してくれるかどうかが重要なポイントです。
  • ポイント❻ 記録・共有

    記録・共有
    家族との相談結果を書き留めて保管する
    そして、お葬式の準備において最も大切なこと。それは「記録」です。まず、ポイントの①~⑤について、家族と相談して書き留めておきましょう。次に、準備したものの保管場所を明確にしておくと安心です。
    生前準備の記録に役立つのが「エンディングノート」。書店で販売していたり、葬儀社が制作しているものもありますので活用されることをお勧めします。
    いざというとき慌てないためにも、元気なうちから備えをしておきましょう。

エテルノではじめる終活

  • 1. 会館見学会・セミナー
    会館見学会・セミナー

    スライドやオリジナルの資料を使って分かりやすくご説明いたします。

    参列して頂きたい範囲や遺影に使うお写真など、お葬式の規模や内容を事前に家族間で共有することで、いざというときにも慌てずに、納得のお葬式を行うことができます。

    お申込み・詳細はこちら
  • 2. 相続・遺言相談
    会館見学会・セミナー

    プロの専門家をお招きして、皆様の疑問や不安にお応えします。

    相続税対策や遺言の作成など、円満な相続のためにお手伝いいたします。税理士や司法書士などの専門家をご紹介いたします。

    お申込み・詳細はこちら
  • 3. 事前整理

    将来遺品となる自分の家財道具を 自分自身の目で確認し、事前に整理することで、家族の負担を減らすことができます。
    また、高齢者住宅・高齢者施設への入居に伴う家財の整理、リサイクル、処分などを専門に取り扱う提携先をご紹介いたします。

  • 4. 不動産

    土地活用・売買仲介・住宅リフォームなど長年の沿線開発事業を通じて蓄積してきた経験とノウハウをベースに、グループ企業の阪急不動産がお客様のご意向に沿った有用なご提案をさせて頂きます。

  • 5. お墓・お仏壇

    最近は、お墓やお仏壇を事前に準備される方もいらっしゃいます。納骨先の希望があれば、できるだけ具体的に考え、家族に伝えておきます。また、お墓の購入が済んでいる場合は場所や管理事務所などの連絡先を伝えておきましょう。お仏壇の場合は、あらかじめ自宅での置き場所を決め、幅、奥行き、高さを採寸しておくことがポイントです。エテルノでは、優待価格でご利用いただける専門の提携先をご紹介いたします。

生前準備には、エテルノオリジナル「エンディングノート」をご活用ください

エンディングノートをさしあげます

エンディングノートとは、万一の時に備えて自身の要望を書き留めておくノートです。
● 今までの人生を振り返り、これからの先の人生を、より有意義に過ごすために
● もしもの時に家族が困らないようにするために

自分だけのエンディングノートを作ってみませんか。
すべて記入する必要はありません。書きやすいところから少しずつご記入ください。
※エンディングノートには遺言書のような法的効力はありません。

無料資料請求はこちら
葬儀のことだけでなく人生の振り返りにも 巻末には封のできるポケット付き

以前は、お葬式について生前に考えることは、縁起が悪いとされてきました。
しかし、最近では、そのような傾向は薄れ、「家族に負担をかけないように準備しておこう」・
「しっかりしている内に準備をして、不安を解消しておこう」という人が増え、
葬儀社に事前相談する方が増えています。

エテルノの事前相談なら
経験豊富なスタッフがご指定の場所にお伺いすることもできます。
ご相談は何度でも無料です。

まずはお電話ください

フリーダイヤル0120-01-3242
~ 生前準備に向けて ~

見学会・セミナーに
参加する

見学会・セミナー

葬祭ディレクター取得のスタッフが【家族葬】や【生前準備】など、毎回テーマを変えてお話をさせていただきます。その他にも、専門家を招いての相続や遺言についての相談会、また、カルチャー教室なども開催しております。

エテルノ倶楽部について
知る

費用について

葬儀基本料金の20%割引のほか、葬儀後の諸手続きから法要まで幅広くサポートいたします。また、他社にはない、阪急グループならではの特典も多数ご用意しております。会報誌では、見学会・イベントのご案内はもちろん、セカンドライフを充実させる様々な情報をお伝えしています。

資料請求をする

資料請求をする

会館パンフレットはもちろん、エンディングノートの他にも、弔問マナーや葬儀の流れについてまとめた小冊子をご用意しております。

式場について知る

エテルノ

阪急沿線に4会館を展開。エテルノ各会館では、故人をゆっくり偲ぶための家族葬に適した式場もご用意しております。

費用について知る

費用について

料金体系を知り、事前の見積をとることが「生前準備」に向けての第一歩といえます。エテルノは創業以来、葬儀料金の透明化を掲げ、料金体系や見積例をホームページからもご覧いただけます。

プラン・祭壇をみる

プラン・祭壇をみる

白木を使用した、オーソドックスな祭壇や生花を使用した花祭壇など、宗教宗派を問わず、様々な要望にお応えいたします。